「夢追いサロンつくば」平成27年度 1月 定例会(夢を語る会)のご案内

「夢追いサロンつくば」は、多くの公的研究機関はじめ大学、民間企業の研究所、ベンチャー企業の多くが存在するつくばの利点を生かし、色々な人(研究機関、大学、民間企業、市民等)が自由に集まり、お互いの親睦と情報交換を深めることを第一義の目的としています。
結果として産学官(公的研究機関・大学・民間)の技術移転支援、個人ベンチャー支援、民間企業支援、行政支援、つくば市民支援に役立つことを期待しています。
多くの方のご参加をお待ちしています。

自然と技術の調和した近代都市の創生

~リスクマネジメントからつくばの未来を描く~

「少子高齢化)」と「一都集中」と日本社会を取り巻く環境変化が進む中、地方の過疎化、高齢者の介護、大幅な財政赤字、犯罪・事件の増加、など様々な社会構造的問題・課題が山積している。

このような背景から政府は、「持続的経済成長」、「地方創生」、「一億総活躍社会」の実現を掲げ、国民に積極的な参加を呼び掛けている。

任意団体である「夢追いサロンつくば」は、過去数年間にわたり「自然と技術の調和した近代都市の創生」に取り組んできた。

我々の取り組みの特徴は、過去の行政の失敗例「一村一品運動、無駄な公共施設(ダム、道路、建物、遊技場)、新国立競技場企画、など」を省みて、「長期的(持続可能)な視野に立ち、部分最適より全体最適を優先する」ことを基本とし検討を行った。

なお、手法としては、民間企業が経営手法として重要視している「①リスクマネジメントISO31000/JISQ31000)の定義・原則、②ERM(Enterprise Risk Management:統括的リスクマネジメント)③問題解決・意思決定の手法としてケプナー・トリゴー法(KT法)」などの経営手法を有効に採用した。

その研究成果を、①つくば地域の現状把握、②つくばの地方再生をリスクマネジメントで考える、③.つくばの地方創生とは(未来のあるべき姿とは)、④具体的な対策(リスクマネジメント)の提言、の順に紹介し、少しでもつくばの発展に役立てば幸いである。

【開催日時】 平成28年1月15日(金)18:45~20:45 (受付:18:15~)
【講   師】 松井 武久 技術経営研究センター 所長 夢追いサロンつくば 代表幹事
【開催場所】 つくば市立 吾妻交流センター(つくば市市民活動センターの4階)

■会費:参加費 1000円 テキスト代、会場費、その他事務経費、飲食費(アルコール類なし)
会員制はとらず、都度、必要経費(講師の車代、資料印刷代、視聴覚機材、他経費)を参加者から一律に頂きます。なお、夢追いサロンつくばからのお知らせは、これまで同様にメーリングリスト(ML会員:会費は無料)とホームページを使用しますのでご了承ください。
■申込方法:原則として夢追いサロンつくばのホームページから1月12日(火)までに申込下さい。
なお、メールが使えない場合はFAXにてご事務局へ連絡下さい。
夢追いサロンつくばのホームページ<http://www.yumeoi-tsukuba.org/